詰めもの・被せものの治療について|町田ごうデンタルクリニック|町田駅5分の歯医者

〒194-0013 東京都町田市原町田1-9-18 キタノハウス1F
042-860-6555
WEB予約
ヘッダー画像

詰めもの・被せものの治療について|町田ごうデンタルクリニック|町田駅5分の歯医者

詰めもの・被せものの治療について

虫歯には、いくつかの段階があります。
歯の内部まで達している虫歯の中でも浅いものでは、詰めものや被せもので治療します。
また、深くまで達している場合は根管治療を行った後で、詰めもの・被せものの治療をすることになります。
それにはどのような治療方法があるのか、解説します。

保険でできる詰めもの・被せもの

詰めもの・被せものの治療には、保険が適用される治療と保険が適用されない自費の治療とがあります。
まず、保険が適用される治療のうち代表的なものを紹介します。

ダイレクトボンディング治療という方法は、1回で治療が終了して歯を削る量も少なく、治療後は歯が白くなります。
治療で対応できる虫歯の大きさは、小から中程度です。

金銀パラジウム合金やチタン合金を被せる、いわゆる銀歯の治療は、強度が高いため奥歯にも使用できるのが特徴です。
ほとんどの虫歯に対応でき、治療費も比較的安価です。

尚、一方ゴールドの被せ物は、昔ながらの治療法ではありますが安定性が極めて高く信頼性の高い治療法になります。が、保険は適用できずしかも昨今の国際情勢等の問題から金属代が非常に高く、治療費も高額になりがちです。

 

CADCAMレジン冠の治療は、前歯や奥歯に使用できる治療です。
金属を使用しないので、金属アレルギーでも安心です。
しかし、樹脂で歯を作るので強度を保つために歯を削る量が大きくなってしまいます。

主に前歯の治療に使用される、レジン前装冠の治療もあります。
歯の表面を白くできるのが特徴ですが、歯の裏側には金属が出ているので金属アレルギーのリスクがあります。

保険が適用される治療は、こういったものが主となっています。
それぞれ、対応している虫歯の大きさや特徴などに違いがあるので、適した治療を選択しましょう。

自費治療の詰めもの・被せもの

自費治療となるのは、見た目を重視した審美修復などが中心です。
どのような治療があるのか、解説します。
ちなみに、ダイレクトボンディング治療は前歯に行う場合、自費治療となります。

銀歯の治療と似ていますが、金歯、もしくは白金加金の治療は自費治療となります。
精度と強度が非常に高く、しなやかなので食いしばりに対する治療としては最も優れていると言われています。

オールセラミックの被せものの治療は、審美修復になります。
強度と精度が高く、他の治療方法と比べて汚れにくいのが特徴です。
予防性に優れ、審美性も高い治療です。
近い治療方法で、より強度が高いオールジルコニアの治療もあります。

自費治療の中では、審美性が高く比較的安価な治療として、ハイブリッドセラミックの治療もあります。
セラミックに樹脂を挟むため、強度や予防性が銀歯よりは高いものの、オールセラミックよりも低くなります。

メタルボンドセラミックには、ノーマルタイプと金合金タイプがあります。
歴史ある治療方法で、強度と審美性を兼ね備えているのですが、金合金タイプはさらに精度の高さと安定性が増しています。

まとめ

歯を削る治療では、その穴を塞ぐために詰めもの・被せものの治療が必要となります。
治療の方法はいくつもあり、保険治療と自費治療にも分かれています。
その中から、自分が希望する治療法を選び、それが可能かどうか歯科医に相談しましょう。
それぞれ特徴が異なるので、よくチェックしてみてください。
見た目を気にするのであれば、審美性に優れた自費治療をおすすめします。
町田市で歯医者さんをお探しの際には、是非、町田ごうデンタルクリニックにお問い合わせ下さい。
当クリニックは、最大限に歯の神経を残す治療を行っております。
抜歯を検討する前に、先ずはご相談下さい。
スタッフ一同、お待ちしております。