感染予防対策で注目の「ZOO」とは?|町田ごうデンタルクリニック|町田駅5分の歯医者

〒194-0013 東京都町田市原町田1-9-18 キタノハウス1F
042-860-6555
WEB予約
ヘッダー画像

感染予防対策で注目の「ZOO」とは?|町田ごうデンタルクリニック|町田駅5分の歯医者

感染予防対策で注目の「ZOO」とは?

歯の治療の際、感染リスクがあるということはよく言われています。スタッフから患者への感染はもちろん、患者からスタッフへの感染も防ぎたいところです。また、歯の内部や歯茎は骨や太い血管とも繋がっているため、歯の治療時に細菌感染対策を取った治療を行う事が望ましいとされています。そういった感染予防対策として注目されているのは、「ZOO」です。これはどのようなものなのか、本ブログにてお話させて頂きます。

ZOOとは?

歯の治療といえば、歯を削るなどの目的の器具の他にもう1つ、バキュームという器具がつきものです。これは、口を開けている際に溜まる唾液などを吸引するために使用されるものです。

しかし、バキュームを医師が使用する場合、片手で治療をしながらもう片手ではバキュームで吸引するという大変な作業を行うこととなります。これは、非常に効率が悪いと言えるでしょう。現在、歯科治療には高いクオリティーが求められるので、このような非効率な方法は避けたいところです。

そこで使用されるのが、ZOOという機器です。これは、吸引管としての機能や防湿機能、舌や頬の粘膜を圧排する機能、口腔内を乾燥させる機能などが含まれた、感染予防対策にも役立つ機器です。

 

 

ZOOのメリット

ZOOを使用するメリットとして、まずはバキュームを持つ必要がなくなるという点があります。チューブとつなげたバキューム部分を口腔内に固定できるので、保持する必要がないのです。一つの手が空いた分、多くのマンパワーを他の処置に割く事で治療の効率化・精度の向上を図れます。

また、口腔内に溜まる唾液を常に吸引除去する為、歯医者にありがちな削る際の水や唾液で溺れそうになることもありません。この器具を装着しながら治療することで、治療中に感染性の血液含んだを唾液や削りカス、金属粉などが空気中に飛び散る量を大幅に減少させることができます。当然、患者さんがこのような有害物を飲み込むリスクも大幅に減少します。

唾液中にはさまざまな細菌が含まれており、深い虫歯の治療や神経の治療の際に唾液が侵入するのを防ぐのにも大きな力を発揮します。

 

まとめ

ZOOは、ラバーダム防湿法と似た効果を発揮し、ZOOを使用することで、治療中の精度向上やかかる時間も短縮が期待できます。結果として再発リスクの低い治療の達成には不可欠な道具の一つと言えます。使用する上で重要な装着までの時間も短く、患者さんが咬んで固定するため口を開けていやすいなどのメリットもあります。

本院では治療上の精度の向上と患者さまの安全を第一にとらえ、必要に応じてラバーダム防湿やZOOを使用致します

ラバーダム防湿やZOOを用いた各種治療にご興味のある方は是非ご相談ください。
 
ご予約はWEBか042-860-6555までお問合せください。 

院長 吉田 剛